声優専門学校は意味がない?卒業生の進路を公開

「声優専門学校は行っても意味がない。」そんな悪評もありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

実際に声優専門学校を卒業した人の進路や、その後声優にはなれたのか?気になるところですね。

ここでは、声優専門学校は意味がないと言われる理由や、声優専門学校に行くべきではない人についても解説していきます。

声優専門学校は意味がない?卒業生の実績を公開

声優専門学校は行っても意味がないという声もあります。実際のところはどうなのでしょうか?

声優専門学校を選ぶ際には、声優になれる可能性が高い専門学校かどうか、しっかりと見極めることが大切です。

以下に、高い実績を誇る2つの声優専門学校について、卒業生の進路などについて解説します。

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院

毎年卒業生の進路を公表しているアミューズメントメディア総合学院は、高い声優デビュー実績で評判の声優専門学校です。

2021年の卒業生実績では、声優プロダクションに所属となった生徒が66%と、高い所属実績を残しています。

アミューズメントメディア総合学院の高い実績は1年に限ったことではありません。ここ数年、連続して声優プロダクション直接所属率60%台をキープしています。

さらに、超難関といわれている青二プロダクションにも、ほぼ毎年のように合格者を出しています。

入学者には未経験者が多いため、アミューズメントメディア総合学院の声優育成力の高さを証明していると言えます。

アミューズメントメディア総合学院がこれだけ高い実績を残せている大きな要因の一つは、教育体制といえるでしょう。

アミューズメントメディア総合学院では、本格的なインターンシップが盛んに行われています。
2020年度には延べ200人以上の生徒がプロの現場を体験しています。

プロの現場を体験することで、自分の課題を再確認し、日頃のレッスンがより質の高いものになると評判です。

総合学園ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー総合学園

総合学園ヒューマンアカデミーが生徒に提供する声優オーディションは業界最多クラスとなっており、年間で400回を超えています。

これだけ多くのオーディションに挑戦できるのは、総合学園ヒューマンアカデミーに入学する特権とも言えます。

また、声優プロダクションが一斉に集って学生を審査する「ドラフトオーディション」では、90社以上の声優プロダクションが参加するなど、業界でも大きな注目を浴びています。

オーディションや参加プロダクションの多さは、声優になるチャンスの多さとも言えます。

総合学園ヒューマンアカデミーではサポート体制が強化されたことで、ここ数年は多くの声優を輩出しています。

近年、最も勢いのある声優専門学校といっても過言ではないでしょう。

MEMO

声優専門学校は学校によって教育方針も卒業生実績も全く異なります。選択する声優専門学校によっては、声優デビューできる可能性も十分にあるため、声優専門学校に行く意味はあると言えるでしょう。

声優専門学校は意味がないと言われる理由

なぜ声優専門学校は行っても意味がないと言われるのでしょうか?ここからは、声優専門学校は意味がないと言われる理由について解説していきます。

全員が声優になれるわけではない

声優専門学校に入学すると100%声優になれると言うわけではありません。

声優専門学校に通った人の数と、声優になれた人の数を比較すると、声優になれなかった人の方が圧倒的に多いはずです。

とはいえ、声優になる夢を追いかけるのであれば、声優専門学校は一つの手段として十分に意味があります。

特に初心者にとっては、基礎をしっかり学べる学校を選べば、声優になってからも役立てることができるでしょう。

声優専門学校は声優になるために必要な技術を教え、声優デビューのオーディションチャンスを与えてくれる場所です。

学生が声優になるチャンスを掴むために全面的にサポートするのが声優専門学校です。

意味がない声優専門学校もある

声優専門学校といってもカリキュラムや進路サポートなどの充実度は千差万別です。

地方都市にある声優専門学校の中には、大半の生徒が声優になれていない専門学校もあります。

一方、年間400回以上のオーディション回数を誇る総合学園ヒューマンアカデミーや、数々の有名声優の出身校である代々木アニメーション学院など、声優業界でも評判の良い声優専門学校は存在します。

声優になりたいという強い気持ちがある学生は、楽しいだけではなく声優の輩出実績も参考にして専門学校を選びましょう。

声優専門学校は意味がなかったと後悔しないためにも、しっかりと声優専門学校の下調べをすることが大切です。

学費が高いから

声優専門学校は学費が高いという声もあります。これは声優に限らず、エンターテイメント業界の学校に共通する点とも言えます。

声優の技術を教える環境を整えるためには、設備投資にとてもお金がかかります。

機材や現役声優講師の人件費、オーディションの開催費、その他にも多方面にわたってお金がかかります。

学費が安い声優専門学校が悪いわけではありませんが、修得できる技術やオーディションのチャンスが不十分では声優専門学校に行く意味がありません。

声優を育成する環境を整えるためには、それ相応の学費が必要になります。

そのため、声優デビュー実績が高い声優専門学校は、ある程度の学費がかかるということを覚えておきましょう。

声優養成所に行けばいいから

声優養成所とは、声優プロダクションが新人発掘のために運営しているスクールのようなものです。

レッスン回数は週に1~3回ほどで、養成所に入所するためにはオーディションに合格する必要があります。

「声優専門学校は声優養成所に合格するための学校だから、行く意味がない」という声もあります。

それは、声優専門学校を卒業した後に声優養成所でさらにレッスンを積み、声優プロダクションに合格する人が多いためです。

とはいえ、声優養成所は入所が難しいということと、レッスン時間が短いということを忘れてはいけません。

また、声優養成所に入所すると、基本的には系列のプロダクションの所属オーディションしか受けられません。

他の声優プロダクションの所属オーディションを受験できなくなるため、デビューのチャンスが限定されることになります。

その反面、声優専門学校は未経験者でも入学可能で、制限なく多数の声優プロダクションを受験することができます。

また最近では、声優専門学校を卒業後、多くの生徒が声優プロダクションに直接合格している学校も出てきています。

以上のことを踏まえると、声優専門学校を選択することにも十分なメリットがあると言えます。

声優になるには?声優になる方法と道のり

声優としてお仕事をもらうためには、俳優やタレントと同じように声優プロダクションに所属するのが基本です。

声優プロダクションに所属することができれば、マネージャーが声優のお仕事がもらえるようにバックアップしてくれます。

ただし、声優プロダクションに所属するためには、厳しいオーディションに合格する必要があります。

全くの素人が声優プロダクションのオーディションにいきなり合格することは非常に難しく、ほとんどの人は声優専門学校や声優養成所に入所して、声優としての技術を身に付けてからオーディションに挑戦します。

声優専門学校や声優養成所、また劇団などで学んだ経験のない初心者の方が、声優プロダクションのオーディションに合格できる可能性はほとんどありません。

声優になるためには、声優専門学校や声優養成所で基礎から学ぶことが最終的な近道と言えます。

声優専門学校に行っても意味がない人はこんな人

ここまで、声優専門学校は選択する学校によっては意味があるということについて解説してきました。
しかし、中には声優専門学校に行っても意味がない人がいるのも事実です。

声優専門学校へ行くべきかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

幼い頃から声優のレッスンを受けている人

声優専門学校では、発声や喉の使い方、基礎演技など、声優の基本的な技術から学ぶことができます。

これまでそのようなレッスンを受けたことがない方にとっては、必ず必要な基礎技術になります。

しかし、すでに声優になるためのレッスンを十分に受けている方にとっては、基礎的な授業は意味がないと感じるかもしれません。

とはいえ、オーディションに力を入れている声優専門学校を選べば、たくさんのデビューチャンスに巡り合うことができます。

例えば総合学園ヒューマンアカデミーでは、年間のオーディション回数が400件を超えています。

技術に自信がある人でも、選択する声優専門学校によっては行く意味は十分にあるでしょう。

所属したい声優プロダクションが決まっている人

所属したい声優プロダクションがはっきりと決まっていて、系列の声優養成所に合格できる可能性が高い方は、声優専門学校に行っても意味がないでしょう。

ただし、多くの声優養成所においては、入所している間は系列のプロダクションしか受験することができません。

声優養成所の選択を誤ると将来を左右することになるので、事前にしっかりと情報収集することが大切です。

一方で、声優専門学校の魅力は、様々な声優プロダクションや声優養成所の情報が得られることです。

声優になるために、最善の策を一緒に考えてくれる声優専門学校を探しましょう。

時間がない人

週5日の授業に出席できない方は、声優専門学校に行く意味はないでしょう。

声優専門学校は基本的に週5日のカリキュラムです。それらを受講できなくては意味がありません。

ただし、声優専門学校の中には、総合学園ヒューマンアカデミー代々木アニメーション学院のように、週末や夜間に週1回からのレッスンを選べる学校もあります。

声優専門学校を卒業した有名声優

声優専門学校は本当に行っても意味がないのでしょうか?
実際には、現在活躍している声優の多くが声優専門学校を卒業しています。

ここでは声優専門学校を卒業した有名声優の一部を紹介していきます。

Googleで月間1000回以上(2021年9月時点)名前を検索されている有名声優に限定し、卒業した声優専門学校を紹介します。

声優専門学校 卒業生
代々木アニメーション学院 松岡 禎丞 / 水樹 奈々 / 中村 悠一 / 櫻井 孝宏 / 鈴村 健一 / 中島 ヨシキ / 下屋 則子 / 古賀 葵 / 岸尾 だいすけ / 谷山 紀章 / 斎賀 みつき / いのくち ゆか / 高田 憂希 / 高野 麻里佳 / 佐藤 利奈 / 福島 潤 / 鳥海 浩輔 / 伊波 杏樹 / 内田 彩 / 田中 理恵 / 田村 ゆかり / 吉野 裕行 / 後藤 邑子 / 南條 愛乃 / 浅野 真澄 / 古賀 葵 / 山村 響 / 渕上 舞 / 松井 恵理子 / 白石 稔 / 楠田 亜衣奈 / 野上 翔 / 富樫 美鈴 / 川島 得愛 / 桑谷 夏子 / 高木 俊 / 竹本 英史 / 恒松 あゆみ / 鶴岡 聡 / 宮下 栄治 / 望月 久代 / 近藤 孝行 / 野川 さくら / 長谷川 明子 / 比嘉 久美子 / 平田 宏美 / 藤原 祐規 / 間島 淳司 / 生天目 仁美 / 鈴木 千尋 / 鈴木 真仁
アミューズメントメディア総合学院 加藤 英美里 / 羽多野 渉 / 神尾 晋一郎 / 三宅 健太 / 芹澤 優 / 榊原 優希 / ランズベリー・アーサー / 米澤 円 / 朝日奈 丸佳 / 赤羽根 健治 / 落合 福嗣 / 伊藤 かな恵 / 長江 里加 / 鹿野 優以 / 末柄 里恵 / 河西 健吾 / 柿原 徹也 / 西 明日香 / 土岐 隼一 / 白井 悠介 / 山下 誠一郎 / 小林 裕介 / 相羽 あいな / 降幡 愛 / 野津山 幸宏 / 門脇 舞以 / 前野 智昭 / 本多 真梨子 / 朝井 彩加 / 河本 啓佑 / 斉藤 佑圭 / のぐち ゆり / 和多田 美咲 / 田所 陽向 / 西墻 由香 / 菅沼 千紗 / 清水 彩香 / 井上 剛 / 西田 雅一 / 汐谷 文康 / 中川 亜紀子 / 山岡 ゆり / 手塚 ヒロミチ / 浦尾 岳大 / 長島 光那 / 國分 優香里 / 今井 文也 / 金澤 まい / 高坂 篤志 / 黒木 ほの香
ヒューマンアカデミー 小原 好美 / 大亀 あすか / 熊谷 健太郎 / 村川 梨衣 / 大和田 仁美 / 紡木 吏佐 / 伊藤 節生 / 前川 涼子 / 小林 大紀 / 美波 わかな / 川西 ゆうこ
東京アナウンス学院 大久保 瑠美 / 桑原 由気 / 佐藤 聡美 / 杉山 紀彰 / 高橋 広樹 / 寺島 拓篤 / 檜山 修之 / 山口 勝平 / 保志 総一朗 / 細谷 佳正 / 増田 俊樹 / 新井 里美 / 石井 マーク / 井上 雄貴 / 伊丸岡 篤 / 桜咲 千依 / 大橋 歩夕 / 小笠原 早紀 / 角元 明日香 / 加瀬 康之 / 後藤 麻衣 / 真田 アサミ / 高塚 智人 / 高橋 美紀 / 土田 玲央 / 東城 日沙子 / 中上 育実 / 中原 茂 / 西村 ちなみ / 日岡 なつみ / 氷上 恭子 / 深見 梨加 / 松本 健太 / 南 早紀 / 室 元気 / 山田 唯菜 / 大関 英里
日本工学院専門学校 江口 拓也 / 新谷 良子 / 井澤 詩織 / 近藤 唯 / 逢坂 良太 / 菊池 正美 / 斎藤 桃子 / 間宮 康弘 / 清水 愛 / 大野 柚布子 / 寺島 惇太 / 駒形 友梨
東京アニメーター学院 狩野 翔 / 山谷 祥生 / 後藤 ヒロキ / 都丸 ちよ / ももの はるな / 河野 ひより
東京声優・国際アカデミー 代永 翼 / 甲斐田 裕子 / 佐藤 拓也 / 石上 静香 / 米内 佑希 / 新田 杏樹
尚美ミュージックカレッジ 大須賀 純 / 井ノ上 奈々 / 藤村 歩 / 生天目 仁美
ESPエンタテインメント 小原 莉子 / 古木 のぞみ / 新 祐樹
東京アニメーションカレッジ 本泉 莉奈 / 佐藤 あずさ
東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校 和氣 あず未
東京ダンス・俳優&舞台芸術専門学校 平山 笑美
デジタルアーツ東京  ―
東京工学院専門学校  ―
東京クールジャパン  ―

結論

声優専門学校は意味がないという声もありますが、実際には多くの声優が声優専門学校を卒業しています。

声優輩出実績の良い声優専門学校を選ぶことで、声優になるチャンスは大きく広がります。

また、声優養成所とは違って、色んなプロダクションのオーディションに参加できるのも声優専門学校のメリットです。

ただし、声優専門学校によっては声優輩出実績が十分ではない学校があるのも事実です。

声優専門学校に行ったのに意味がなかったということにならないよう、声優専門学校の選択は慎重に行うことが大切です。