声優専門学校の奨学金

声優専門学校は奨学金でいける!?

声優専門学校への入学を検討されている方の中には、奨学金制度の利用を考えている方もいらっしゃることでしょう。

 

声優の専門学校でも奨学金は借りることができるのか?答えはズバリYESです。

 

国や地方自治体に学校として認可されている声優専門学校であれば、審査に通ると奨学金を利用することができます。

 

学校の名前に「専門学校」の文字が入っていれば国や地方自治体に認可されている学校なので、ほぼ全ての学校で奨学金を使えると考えて良いでしょう。

 

奨学金の利用には学力と世帯収入の審査がありますが、それほど厳しい審査ではありません。

 

マジメに高校に通っていて、収入の多い家庭でなければ、奨学金の審査はある程度通りやすいと言えます。

 

注意しておきたいのは、奨学金には申し込みの期限があるということです。

 

申し込み期限を過ぎてしまうと奨学金は使えなくなってしまうので、奨学金で声優専門学校に入ることを考えているならできるだけ早めに行動しましょう。

 

入学したい声優専門学校が決まっているなら資料請求して奨学金について調べてみたり、直接声優専門学校に電話して奨学金について聞いてみても良いでしょう。

 

また、奨学金の中でも利用者の多い「日本学生支援機構の奨学金」は、在学中の高校を通じて申し込みをします。

 

自分で奨学金について調べてみるのはもちろん、できるだけ早めに高校の担任や進路指導の先生に相談してみましょう。

 

 

 

奨学金の種類について

 

お金

 

奨学金には貸与型と給付型の二種類がありますが、貸与型とは返済義務のある借金のようなもので、給付型とは返済しなくてもよい奨学金です。

 

また、奨学金制度を提供している団体や企業によって、奨学金にはいくつかの種類があります。

 

一般的に奨学金と言うと、国から借りる「日本学生支援機構の奨学金」が頭に浮かびますが、それ以外にも学生が利用できる奨学金にはいくつかの種類があります。

 

それぞれの奨学金について、以下に詳しく解説していきます。

 

 

 

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構の奨学金とは、国からお金を借りる奨学金です。

 

生徒本人の成績や世帯収入によって、有利子の貸与型か無利子の貸与型で奨学金を受け取ることができます。

 

経済的な理由により専門学校へ行くのが難しい学生に対して、家計と学力を審査した上で奨学金を貸与します。

 

申し込みをするのもお金を借りる名義人も学生で、奨学金の返還をするのも学生本人です。

 

奨学金は指定した学生本人の口座に毎月振り込まれます。

 

無利子の「第一種奨学金」と有利子の「第二種奨学金(利率は最大で年3.0%)」があり、第一種と第二種を併用して奨学金を借りることもできます。

 

学生本人の成績や人間性、そして保護者の経済力次第で受けられるか受けられないか、利子が発生するかしないかの審査があります。

 

日本学生支援機構の奨学金の申し込みには二種類の方法があり、声優専門学校の入学前に申し込む予約採用と、在学中に申し込む定期採用とがあります。

 

予約採用は卒業予定の高校を通して申し込む方法で、申し込み時期は3年生の春と秋の二回になります。(高校により申し込み期間は異なります。)

 

対して定期採用の奨学金は、声優専門学校の入学後に専門学校を通して申し込みをします。

 

声優専門学校に入学してから奨学金を申し込むため、奨学金の振込開始は遅くて7月頃になります。

 

奨学金の返還に関しては、申し込み方法や利子の有無に関係なく、声優専門学校を卒業した6ヶ月後からとなっています。

 

また、世帯収入が低い家庭や社会的養護を必要とする者であれば、給付型の返済不要の奨学金を受けることも可能です。

 

 

 

地方公共団体の奨学金

住んでいる地域によっては、地方公共団体による奨学金制度を利用できる場合もあります。

 

奨学金の条件はお住いの地域によって異なるので、まずはお住いの地域に奨学金制度があるかどうか確認してみましょう。

 

例えば東京都内にお住いであれば、東京都育英資金という奨学金制度がありますが、こちらの奨学金は無利息で借りることができます。

 

利息や貸与される金額は地方自治体により異なるので、まずはお住いの地域の奨学金について調べてみましょう。

 

 

 

新聞奨学生制度

声優専門学校に通いながら新聞配達などを行うことによって、新聞社が学費の一部または全額を負担してくれる奨学金制度です。

 

声優専門学校に通いながら早朝の新聞配達を両立しなければいけないため、体力や強い意志が求められます。

 

しかし、声優として働きでしてからの奨学金返済の負担が少ないのは大きなメリットです。

 

声優はデビューしてすぐはお給料が少ないので、奨学金の返済負担が少ないのは強みです。

 

さらに、新聞奨学生制度を利用する専門学生は努力家であるイメージが強いため、企業に就職する際には有利になります。

 

また、新聞販売店の最寄りで個室が提供され、賃料は無料で住むことができます。

 

新聞社によっては3万円ほどで朝・夕食を付けることも可能で、医療費全額補償制度などもあります。

 

 

 

ホリプロ文化芸能財団の奨学金

ホリプロ文化芸能財団が、エンタテインメント業界で活躍することを目指す学生に対して、月額3万円の給付を行う奨学金です。

 

ホリプロ文化芸能財団は、優れた人材の育成と業界の発展を目的としています。

 

こちらの奨学金に応募できるのは、ホリプロ文化芸能財団の指定校に通う学生に限定されます。

 

 

 

各専門学校による奨学金

声優専門学校によっては、優秀な生徒を獲得・育成するために、学校独自の奨学金を用意しているところもあります。

 

名前は奨学金となっていますが、内容的には授業料や入学金の減額なので、実質的には特待生制度と同じになります。

 

奨学金の内容や条件は声優専門学校によって様々なので、受験する声優専門学校の資料で確認してみましょう。

 

 

 

 

声優専門学校によっては、上記以外の奨学金制度を利用できるところもあります。

 

奨学金には様々な種類があり、条件を満たしていれば社会人が利用できるものもあります。

 

奨学金にはたいてい申し込み期間が定められているので、進学する声優専門学校を絞り込んだら奨学金についても早めに調べておきましょう。

 

声優専門学校おすすめランキング