声優専門学校の選び方を解説!チェックポイントとおすすめ学校も紹介

全国に数十校ある声優専門学校の中から、失敗しない学校選びをするのは簡単なことではありません。

声優専門学校の正しい選び方を知ることで、おのずと自分が進むべき声優専門学校が見えてくるでしょう。

ここでは、どのような点に注意して声優専門学校を比較すればよいのか、声優専門学校の選び方について解説します。

【まずは基礎知識】声優の学校には2種類がある!

声優専門学校の選び方について解説する前に、まずは声優について学べる二種類の学校について解説していきます。

声優を目指す人が通う学校には、「声優専門学校」と「声優養成所」の2種類があります。
それぞれの特徴を理解して、自分にあった声優の学校を選びましょう。

声優養成所とは?

声優養成所とは、声優プロダクションが自社の声優を育成するために開講している新人養成機関です。

声優養成所では、週1~2日の2時間程度のレッスンが一般的で、学生や社会人でも受講できます。

声優養成所の多くは実力主義で、半年~1年のペースで進級試験が行われます。

最終的には系列の声優プロダクションを目指しますが、合格できなければ退所となる声優養成所もあります。

また、多くの声優養成所では、入所するためにはオーディションに合格する必要があり、未経験者はオーディションを受験できない声優養成所もあります。

声優専門学校とは?

声優専門学校は平日5日間の全日制となっており、2年間かけて声優の基礎から学びます。
声優養成所のように進級試験がないため、2年間じっくりと学ぶことができます。

また、声優養成所の多くは、入所している間は系列の声優プロダクションのオーディションしか受けることができないため、系列のプロダクションに声優として所属できるかどうかの道しかありません。

声優専門学校にはそのような縛りがないため、色んな声優プロダクションのオーディションに挑戦することができます。

また、声優専門学校には声優養成所のような入所オーディションがないので、初心者でも入学できるのも特徴の一つです。

声優養成所と声優専門学校の違い

声優養成所と声優専門学校の違いは、「入学の難易度」「レッスン時間」「進路の選択肢」の三つです。

声優専門学校 声優養成所
入学条件 専門学校の入学試験
初心者も入学OK
オーディション
レッスン 週5日 週1~2日・2時間程度
選択肢 特に縛りなし 系列プロダクションのみ

※声優養成所に関しては各所に違いがあるため、一般的な内容を元に記載しております。

声優専門学校の選び方

たくさんある声優専門学校の中から、何を基準にして専門学校を選べば良いのか分からないという方も多いでしょう。

声優専門学校を判断する基準を知ることで、進むべき声優専門学校はおのずと数校に絞られてくるはずです。

ここでは、失敗しない声優専門学校の選び方について解説します。

声優育成を専門にしている専門学校を選ぶ

声優専門学校の選び方で注意しておきたいポイントは、声優の育成を専門にしている学校かどうかです。

声優専門学校では、声優コース以外にも俳優や音楽、ダンスやゲームなど様々な分野のコースが併設されていることが多いです。

各専門学校がそれぞれ得意分野を持っており、声優コースがあるからといって声優育成に長けているとは限りません。

声優を目指すのであれば、「声優の育成に強い専門学校」を見つけることが重要になります。

声優の育成に強い専門学校かどうかを見分けるためには、公式サイトやパンフレットを見て、以下のような点をチェックしてみましょう。

CHECK POINT
  • 声優の卒業生が数名以上紹介されているか?
  • カリキュラムが具体的に紹介されているか?
  • コースの名称が声優からはじまっているか?

講師に現役声優は必須!

本気で声優を目指すのであれば、講師に現役声優がいない声優専門学校は避けたいところです。
今の声優業界で求められる技術や、声優業界の最新情報を知っているのは現役声優です。

演技の基礎やボイストレーニングなど、声優以外の講師の方が適している授業もあります。
そのため、声優専門学校には様々な分野の講師がいることが理想的です。

とはいえ、声優専門学校は技術を習得する場所であると同時に、オーディションへの合格を目指す場所でもあります。
オーディション合格には、現役声優の知識や体験談が必要不可欠といえます。

東京の声優専門学校を探しているのであれば、現役声優の在籍を確認しましょう。

一方、地方の声優専門学校では、現役声優は在籍していないことが多くなります。

その場合でも、特別レッスンで現役声優の来校があったり、オンラインで現役声優によるレッスンが受講できるなど、現役声優の話が聞ける声優専門学校を選びましょう。

オーディション機会は豊富?

オーディションの様子

声優としてデビューするためには、声優プロダクションのオーディションに合格する必要があります。

つまり、オーディションが多い声優専門学校は、声優になるチャンスが多い学校といえます。

ただし、オーディションとはいっても、学内で制作する作品への出演オーディションを指している専門学校もあります。

当然のことながら、学校制作の作品に出演するだけでは声優になるチャンスは掴めません。

一方、声優の輩出実績が高い専門学校では、プロが制作する作品のオーディションに在校中から挑戦することができます。

声優専門学校によって声優デビューのチャンスの数には大きな差があります。

授業料以外の費用もチェック

各声優専門学校の学費を調べる際には、入学金や年間の授業料だけでなく、在学中に別途かかる費用についても調べることをおすすめします。

声優専門学校によっては、施設使用料や教材費などが別途必要になる場合もあります。また、海外研修や合宿などの費用、校友会費が必要な学校もあります。

このような学費の詳細は、公式サイトにも詳しく掲載されていない場合が多いです。

入学を検討している声優専門学校があれば、学校パンフレットや学校説明会などを利用して情報収集してみましょう。

声優の卒業生実績は必ず確認!

声優専門学校を選ぶ上で一番チェックしておきたい項目は、声優の輩出実績です。
どれだけ声優を輩出している専門学校なのか必ずチェックしておきましょう。

声優専門学校にとって、卒業生実績は学校としての実力を問われる、いわば成績表のようなものです。

声優輩出実績を公表している声優専門学校は、声優育成において優秀な成績をおさめている専門学校と考えることができます。

ただし、各声優専門学校が公表している実績に関しては、以下のような点に注意しておきましょう。

公表されている実績が古くないか

各声優専門学校の公式サイトで紹介されている卒業生インタビューや、声優プロダクションへの合格実績が最近のものであるかを確認しておきましょう。

過去には多くの有名声優が卒業している声優専門学校であっても、新たに活躍する若手声優はそれほど輩出できていない専門学校もあります。

「業界進出」などあいまいな表現は詳細を確認

「業界進出」など詳細がわかりにくい表現で実績を公表している声優専門学校もあります。

「業界進出」という言葉は意味が広く、ゲームやアニメの制作会社など、企業への就職などが含まれている可能性があります。

声優に関連する業界であっても、声優とは別の進路に進んでいる可能性があるため、内容をしっかりと確認する必要があります。

一方、「〇〇%の卒業生が声優事務所合格」のように、どのような進路に進んだのか内容が明確に分かる実績は参考にすると良いでしょう。

卒業生実績があいまいな声優専門学校は、声優輩出実績が低い可能性もあるためしっかりと確認しておきましょう。

声優プロダクションへの所属実績は?

卒業後の進路として一番華々しい実績は、声優プロダクションへの所属です。声優プロダクションへの所属は声優デビューを意味しています。

しかし、卒業生が声優プロダクションへの所属を勝ち取っている声優専門学校は多くはありません。有名プロダクションへの所属となると、その数はさらに少なくなります。

初心者からでも声優プロダクション所属を目指せる声優専門学校は限られています。

卒業生実績を確認し、声優の育成力がある声優専門学校を選びましょう。

学校見学に行こう!見るべきポイントは?

声優専門学校の公式サイトや資料では、大まかな学校情報を得ることができますが、実際に学校に行ってみるとイメージが変わることもあります。

後悔しない声優専門学校を選ぶために、最低でも2校は学校見学に行ってみましょう。
ここからは、学校見学で注意しておきたいポイントについて解説します。

設備の充実度

学校見学で見るべきポイントは、アフレコスタジオなど声優のレッスンのための設備です。

機材が古そうだったり、教室が狭すぎる学校はあまりおすすめではありません。

また、機材の数が少なすぎる声優専門学校では、アフレコ授業の時に自分の順番までの待ち時間が長くなります。

生徒数に対して機材が少なすぎる声優専門学校はおすすめできません。

卒業生の進路

声優専門学校によっては、パンフレットや公式サイトには掲載されていない声優デビュー情報もあります。

どんな卒業生がいてどんな声優事務所に所属しているのか、詳しい内容について知ることができます。

学校見学に行かないと分からない情報を知ることで、声優専門学校選びの参考にしましょう。

講師や学生の雰囲気

学校見学や体験入学を通して講師や学生と接することで、自分が入学した後のイメージが沸きやすくなるかもしれません。

講師はどんな授業を行っているのか、どんな風に学生に接するのかなど、学校見学や体験入学を通して確認してみましょう。

また、在校生に質問する機会があれば、声優専門学校へ進学する不安や想いを、思い切って相談してみるのもよいでしょう。

声優専門学校選びのチェック項目

これまで声優専門学校の選び方について詳しく解説をしてきました。

上記で解説してきた内容を改めてチェック項目で確認しておきましょう。

CHECK POINT
  • 声優を専門に育成している学校か?
  • 講師に現役声優はいるか?
  • オーディションの機会は豊富か?
  • 卒業生に声優が数名以上紹介されているか?
  • 卒業生実績は最新のものが公開されているか?
  • 具体的な実績が公開されているか?
  • 声優プロダクションへの所属実績はあるか?
  • 授業料以外の費用も含めて支払い可能か?
  • 学校の施設や設備が古すぎないか?
  • 学校の雰囲気が自分に合っているか?

チェック項目をクリアしているおすすめ声優専門学校

声優専門学校を選ぶ上ではたくさんのチェック項目がありますが、それらの項目をクリアしている声優専門学校はあるのでしょうか?

ここからは、チェック項目をクリアしているおすすめの声優専門学校を紹介していきます。

本気で声優を目指せる声優専門学校を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

総合学園ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー総合学園

総合学園ヒューマンアカデミーは、全国で声優を育成している声優専門の学校です。

総合学園ヒューマンアカデミーの特徴は、年間350回以上のオーディションです。

また、ヒューマンアカデミーのオーディションには声優プロダクションが90社以上も参加するため、様々な声優プロダクションと出会えるチャンスがあります。

ヒューマンアカデミーは特に近年の卒業生実績が優秀で、勢いのある声優専門学校と言われています。

カリキュラムは有名プロダクション「俳協」の元理事長と現役声優によって作られており、初心者からでも声優を目指せる声優の専門学校です。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院は歴史が長い声優専門学校です。過去には数々の有名声優を輩出しているため、声優を目指す人なら誰もが知っている声優専門学校といえるでしょう。

日本では年間で200以上のアニメ作品が制作されており、放送されているほぼすべてのアニメ作品に代々木アニメーション学院の卒業生が関わっています。

また、代々木アニメーション学院では「全国統一カリキュラム」にこだわっており、全国にある10校で同じ授業が受講できるのも魅力の一つです。

中でも、業界初のテレプレゼンス授業は、東京以外の声優専門学校を検討中の方には必見です。

ネットワーク技術を駆使し、全10校の生徒が人気声優のレッスンをリアルタイムで同時受講できる画期的なシステムです。

在学中に転校も可能なため、まずは地元で声優の勉強を始めて、タイミングを見て東京で学ぼうと考えている方にもおすすめの声優専門学校です。

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院は、東京と大阪に校舎がある声優専門学校です。

アミューズメントメディア総合学院の特徴は、「産学共同」という教育スタイルです。産学共同は企業と学校が一緒に学生を育てるという方針で、いわゆるインターンシップが盛んな声優専門学校です。

卒業生の声優デビュー実績も高く、声優プロダクションへの所属合格が60%以上という好成績を毎年のように出している声優専門学校でもあります。

とにかく実戦経験を積みたいという方には、アミューズメントメディア総合学院がおすすめです。