専門学校 東京アナウンス学院

東京アナウンス学院

 

東京アナウンス学院は、声優や俳優、タレントやお笑い芸人に至るまで、メディア業界を目指す人を育てる専門学校です。

 

東京アナウンス学院という学校名からはアナウンサーの学校というイメージが強くなりますが、実際のところは声優と芸人の育成に力を入れている専門学校です。

 

東京都中野区に複数の校舎を持つ東京アナウンス学院について、以下に評判をご紹介していきます。

 

 

東京アナウンス学院の評判

東京アナウンス学院は、数ある声優専門学校の中でも歴史の長い専門学校です。

 

歴史が長いというのはメリットのようでありながら、校舎が古いというデメリットでもあります。

 

また、募集人数に対して校舎がそれほど大きくはないので、学校内は酷い混雑という口コミもよく耳にします。

 

東京アナウンス学院の最大の特徴は、選択授業の種類が非常に豊富な点で、たくさんの授業の中から興味があるものを選んで受講できます。

 

声優の勉強だけではなく、ダンスやアクション、楽器演奏など幅広く学びたい方には評判が良い学校です。

 

声優のレッスン以外に興味がない方であれば、声優に絡んだレッスンだけを選んで受講することもできます。

 

ただし、人気のある授業に関しては抽選になることも多く、希望の選択授業を受けられるとは限りません。

 

東京アナウンス学院の声優輩出やデビュー実績としては、声優専門学校全体の中で比較すると良い方でしょう。

 

実態は大半の卒業生が声優養成所に進みますが、中にはプロダクションに所属を決める生徒もいます。

 

オーディション情報の提供や、オーディションで使用するボイスサンプルの収録など、他の声優専門学校でもやっているようなバックアップは当然してもらえます。

 

ただし、東京アナウンス学院が提供するオーディション情報のおよそ半数は、声優オーディションではなくお笑いやタレント系のオーディションとなっています。

 

声優オーディションが全体に占める割合はおよそ23%、オーディション件数にすると年間で150件〜200件となります。

 

オーディションの数や声優デビューのチャンスではヒューマンアカデミーがずば抜けていて、年間のオーディション数は350件以上となっています。

 

それに伴い、近年の声優デビュー実績においては、東京アナウンス学院よりもヒューマンアカデミーの方が高いことが予想されています。

 

専門学校を長年やってきた実績から、東京アナウンス学院出身の声優もたくさんいますが、オーディションの数からしても今はヒューマンアカデミーの方が有利だと言えます。

 

 

 

 

東京アナウンス学院卒業生による口コミと評判

クラウドソーシングを利用して、専門学校東京アナウンス学院の卒業生からアンケートを頂きました。

 

東京アナウンス学院の授業内容や学生の進路、学校の感想などについて回答を頂きました。

 

※口コミアンケートの募集はクラウドソーシングサービスのランサーズを利用しております。

 

私は大学の経済学部を卒業したのですが、小さいころからの声優になりたいという夢を捨てることができずに、東京アナウンス学院の放送声優科に入りました。
高校が進学校だったこともあり、親に声優の専門学校に行きたいと言ったら反対されてしまったため、仕方なく普通の大学に入ったのです。
東京アナウンス学院では私のような境遇の方も多かったので、年齢層は多岐にわたっており、18歳から30代の方まで幅広く通っていました。
働きながら学校に通っている人も多いです。
授業は声優の歴史や文化形成についての座学も多いのですが、それ以上に実践の授業もあります。
とくに特徴的で勉強になったのは、自分の声を録音してそれを他の生徒に匿名で聞いてもらい、フィードバックをもらう授業です。
匿名で聞いてもらうことにより、忌憚なき意見をもらうことができます。
自分はどんなキャラクターの声優に向いていそうだとか、どういうところが改善点なのか教えてくれます。
(卒業後の進路/一般企業に就職)

 

 

授業内容は日々の反復練習(滑舌や演技)、ダンス、歌唱、バレエなど多様にスケジュールが埋められております。
講師については専属の講師の他に、特別講師として現役の有名な声優さんが多数来校されます。
大きな学校でもあるので設備に関しては申し分なく、練習機材なども多数あり、レコーディングスタジオ風の部屋や鏡張りのスタジオなどがあります。
学校の雰囲気は比較的穏やかです。
厳しさよりもクラスのみんなと仲良くという協調性を意識した雰囲気でした。

 

学校の立地は新宿からほど近く、所属オーディションなどの提携先も多くありました。
欠点としては実践的であるが、あまりにも生徒数が多いため個別に指導という部分にはやや難があったことです。
また、厳しさという面が非常に少ないため、業界の厳しさはあまり感じられなく、実際に現場に出る機会があると打ちのめされることが多々あるかもしれません。
基礎を学ぶことが多かったのですが、より実践的なものを学びたい場合は、東京アナウンス学院を卒業後に養成所で学ぶ必要があると思われます。
(卒業後の進路/大学や他の専門学校に進学)

 

 

 

東京アナウンス学院のカリキュラムと授業内容

 

声優専門学校の授業風景

 

東京アナウンス学院の授業カリキュラムの特徴は、選択科目の種類が非常に豊富にあることです。

 

自分で興味のあるレッスンを選択する選択授業はどの声優専門学校でも一般的ですが、選択肢の多さでは東京アナウンス学院はズバ抜けています。

 

 

東京アナウンス学院の選択授業

アクションプレイ / コント実習 / コント実習 / バラエティタレント実習 / 日本舞踊 / パントマイム / ラップ / アナウンス実習 / ボイストレーニング / 作家・演劇研究 / ジャズダンス / 就職対策 / 声楽 / 声優心得講座 / 体幹をつくる美姿勢メソッド / 殺陣 / 日本語会話入門 / ヒップホップダンス / フォトポートレート / ラジオDJ / 朗読 / アニメ鑑賞 / 演劇概論 / 紙芝居 / クラシックバレエ / コーラス / CM実習 / 司会実習 / 三味線 / 情報処理検定 / 生活経済学 / ステージセッティング / 西洋占星術 / 台本の読み方講座 / タップダンス / 中国武術 / 伝わる話し方レッスン / 哲学 / ドキュメンタリー番組研究 / ドラマ鑑賞 / ニュース研究 / 腹話術講座 / 舞台制作実習 / フリートーク / ミュージカル鑑賞 / 落語 / アクションスタント / ゴスペル / 手話 / ビジネスパソコンスキル 他

 

 

 

上記のような授業はあくまでも選択科目で、時間割の必須科目は以下のような授業です。
東京アナウンス学院の放送声優科では、以下の必須科目は必ず受講します。

 

 

発声発音

声優の基本となる発声法を学び、よく通り聞き取りやすい声を身につけます。

 

 

アーティキュレーション

日本語の正しい発音や口の開け方、舌の使い方など声の基本を学びます。
早口言葉や外郎売りなどの練習もします。

 

 

ボーカルレッスン

声帯に負担をかけない発声法や正しい発音を学びます。
アニメのメインキャラクターを担当すると必要になることもある"声優としての歌唱力"を身につけます。

 

 

ナレーション

文章の内容を的確かつ迅速に理解し、適切な表現をする力を身につけます。

 

 

アテレコ

実際に放送されたアニメや映画を題材にして、声をあてる授業を行います。
役作りから台本の分析、セリフ術などを学びます。

 

 

演技基礎

演技を基本から学び、台本を読み解く力やキャラクターへの理解力を高めます。
1年間の集大成として舞台発表も行います。

 

 

 

東京アナウンス学院の授業内容や講師に対する満足度は高く、在校生や卒業生の評判も良いと言えます。
しかしその反面、ヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比べてデビュー実績が低いのは、学校の声優業界に対する影響力の足りなさとも考えられます。
素晴らしい講師から質の高い授業を受けることも大切ですが、声優デビューするためには声優を輩出した実績を重視することをおすすめします。

 

 

 

東京アナウンス学院出身の有名声優

新井 里美

「とある科学の超電磁砲」白井黒子、「Re:ゼロから始める異世界生活」ベアトリス、「まほらば 〜Heartful days〜」蒼葉梢

 

石井 孝英

「Dimensionハイスクール」白山純平、「美男高校地球防衛部HAPPY KISS!」和倉七緒、「ダイヤのA actII」友部先人

 

石井 マーク

「ガンダムGのレコンギスタ」ベルリ・ゼナム、「カードファイト!! ヴァンガードG」新導クロノ、「ハイキュー!!」灰羽リエーフ

 

井上 雄貴

「天使の3P!」貫井響、「アトム ザ・ビギニング」A106、「愛玩怪獣」渡辺大輔

 

伊丸岡 篤

「ジョジョの奇妙な冒険」ルドル・フォン・シュトロハイム、「ログ・ホライズン」デミクァス、「されど罪人は竜と踊る」ヘロデル

 

桜咲 千依

「D.C.V 〜ダ・カーポV〜」瑠川さら、「アイドルマスターシンデレラガールズ」白坂小梅、「ワガママハイスペック」宮瀬未尋

 

大久保 瑠美

「スイートプリキュア♪」調辺アコ、「ゆるゆり」吉川ちなつ、「Fate/Apocrypha」黒のライダー

 

大橋 歩夕

「ストライクウィッチーズ」エイラ・イルマタル・ユーティライネン、「ガールズ&パンツァー」おりょう、「ラブライブ!」優木あんじゅ

 

小笠原 早紀

「魔法科高校の劣等生」中条あずさ、「デート・ア・ライブ」ミルドレッド・F・藤村、「ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル」コッキィ

 

角元 明日香

「一週間フレンズ」芹澤舞子、「アイドルマスターミリオンライブ!」島原エレナ、「未確認で進行形」大野仁子

 

加瀬 康之

「pet」林、「NARUTO -ナルト-」カンクロウ、「すべてがFになる」犀川創平

 

桑原 由気

「小林さんちのメイドラゴン」トール、「灼熱の卓球娘」出雲ほくと、「セントールの悩み」獄楽希

 

後藤 麻衣

「乃木坂春香の秘密」乃木坂美夏、「夜明け前より瑠璃色な 〜Crescent Love〜」朝霧麻衣、「ワガママハイスペック」鳴海兎亜

 

佐藤 聡美

「けいおん!」田井中律、「氷菓」千反田える、「ご注文はうさぎですか?」宇治松千夜

 

真田 アサミ

「魔法少女リリカルなのは」ヴィータ、「プリパラ」ガァルル、「けいおん!」山中さわ子

 

杉山 紀彰

「NARUTO -ナルト-」うちはサスケ、「ヘタリア」イギリス、「黒執事」ウィリアム・T・スピアーズ

 

高塚 智人

「アイドルマスターSideM」渡辺みのり、「スタンドマイヒーローズ」荒木田蒼生、「ピアシェ〜私のイタリアン〜」リーガ・トニー

 

高橋 広樹

「テニスの王子様」菊丸英二、「ヘタリア」日本、「HUNTER×HUNTER」ヒソカ=モロウ

 

高橋 美紀

「しまじろうのわお!」みみりん、「ハイスクール!奇面組」河川唯、「聖戦士ダンバイン」シーラ・ラパーナ

 

土田 玲央

「あんさんぶるスターズ!」朱桜司、「アイドルタイムプリパラ」高瀬コヨイ、「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」キャレル=マルドス

 

寺島 拓篤

「うたの☆プリンスさまっ♪」一十木音也、「ログ・ホライズン」シロエ、「デュラララ!!」渡草三郎

 

東城 日沙子

「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」アスタロト、「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」矢坂渚、「アニメガタリズ」高円寺美子

 

中上 育実

「ガールズ&パンツァー」秋山優花里、「BanG Dream!ガールズバンドパーティ!」大和麻弥

 

中原 茂

「戦国BASARA」毛利元就、「ドラゴンボール超」17号、「聖戦士ダンバイン」ショウ・ザマ

 

西村 ちなみ

「おじゃる丸」おじゃる丸/小町、「ポケットモンスター サン&ムーン」ニャビー、「スマイルプリキュア!」青木れいか

 

日岡 なつみ

「くまみこ」雨宿まち、「三ツ星カラーズ」琴葉、「消滅都市」スミレ

 

氷上 恭子

「愛天使伝説ウェディングピーチ」花咲ももこ、「デ・ジ・キャラット」ラ・ビ・アン・ローズ、「VS騎士ラムネ&40炎」カカオ

 

檜山 修之

「幽☆遊☆白書」飛影、「天元突破グレンラガン」ヴィラル、「げんしけん」斑目晴信

 

深見 梨加

「美少女戦士セーラームーン」愛野美奈子、「マクロスプラス」ミュン・ファン・ローン、「家庭教師ヒットマンREBORN!」沢田奈々

 

保志 総一朗

「機動戦士ガンダムSEED」キラ・ヤマ、「戦国BASARA」真田幸村、「黒子のバスケ」笠松幸男

 

細谷 佳正

「文豪ストレイドッグス」国木田独歩、「テニスの王子様」白石蔵ノ介、「黒子のバスケ」日向順平

 

増田 俊樹

「アイドリッシュセブン」和泉一織、「刀剣乱舞-花丸-」加州清光、「美男高校地球防衛部」蔵王立

 

松本 健太

「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」山代拓実、「セサミストリート」エルモ、「アイカツ!」徳井十九

 

南 早紀

「八月のシンデレラナイン」野崎夕姫、「BanG Dream!」大湖里実、「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」白石紬

 

室 元気

「ブラッククローバー」マグナ・スウィング、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」デルマ、「Re:ゼロから始める異世界生活」チン

 

山口 勝平

「名探偵コナン」工藤新一/怪盗キッド、「DEATH NOTE」L

 

山田 唯菜

「アニマエール!」有馬ひづめ、「アイドルタイムプリパラ」幸多みちる、「クロムクロ」ミラーサ

 

大関 英里

「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」アンナ・ルイス、「アイドルマスター ミリオンライブ!」佐竹美奈子、「逆転裁判5」森澄しのぶ

 

斎藤 恵理

「NARUTO -ナルト-」犬塚ハナ、「さんかれあ」左王子薫、「遊☆戯☆王ARC-V」茂古田麻衣子

 

 

 

東京アナウンス学院への入学方法

東京アナウンス学院には、以下の3つの入学方法があります。

 

AO入学

一般入学よりも早く入学が決まるため、早く進路決定したい方におすすめの入学方法です。
選考方法は面接と書類選考のみで、大学入試のような筆記試験はありません。
他の入学方法の生徒に先立って、プレスクールで授業を受けられるのが大きなメリットです。

 

 

推薦入学

学校や卒業生から推薦してもらう入学方法です。
書類選考のみで面接が免除されたり、指定校推薦の場合は入試費用が免除というメリットがあります。
また、部活などの学内活動や、ボランティアのような社会活動の実績を元に、自分で自分を推薦する自己推薦もあります。

 

 

一般入学

大学や短大との併願を考えている方は、一般入学を選択することになります。
一般入学とは言っても筆記試験はなく、倍率が高くなるということもないので特にデメリットはありません。
選考方法は書類と面接に加えて、簡単な原稿の朗読があります。

 

 

 

東京アナウンス学院には偏差値という概念はなく、倍率も決して高くありません。
どの入学方法であったとしても、ほぼ落ちることはないと考えて良いでしょう。
通常の入試のような筆記試験はないので、とにかく面接官にやる気をアピールすることが大切です。

 

 

 

東京アナウンス学院 放送声優科の学費

 

1年次学費合計 1,383,610円
2年次学費合計 1,170,000円

 

※1年次学費合計には入学金の20万円が含まれます。
※入学後に教材費として約5,000円〜25,000円がかかります。
※入学後に鑑賞教室費として約5,000円〜20,000円がかかります。
※合宿費用が約13,000円かかります。
※卒業諸経費として約20,000円かかります。
※その他選択科目によっては、別途費用や授業料がかかることがあります。

 

 

東京アナウンス学院放送声優科の学費は、2年間の合計でおおよそ255万円となります。

 

声優専門学校の2年間の学費は200万円〜280万円が相場となっているので、東京アナウンス学院の学費はやや高めと言ったところです。

 

なお、東京アナウンス学院は学校法人の専門学校なので、国の教育ローンや各種奨学金制度を利用することができます。
また、東京アナウンス学院を運営する東放学園による奨学金制度もあります。

 

東放学園の奨学金制度では、入学金や授業料が一部免除されることもあります。
東京アナウンス学院への入学を検討しているなら、事前に資料請求をして調べておきましょう。

 

 

 

まとめ

東京アナウンス学院は授業内容や講師の口コミが良く、毎年入学希望者もそれなりに多い声優専門学校です。

 

しかしその一方で、ヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院と比較すると、近年の声優デビュー実績ではやや劣っているイメージがあります。

 

声優になれるかどうかは専門学校選びが大きく関わってきますから、出来るだけ多くの専門学校の資料を集めて、できれば体験入学にも参加して検討しましょう。

 


声優専門学校おすすめランキング

ページの先頭へ戻る